お問い合わせ・資料請求

テクノストラクチャーの家 ~ パナソニックビルダーズグループ。木更津市、袖ケ浦市、君津市、富津市を中心に高品質の注文住宅の設計施工および、地域ナンバーワンの物件情報をご提供いたします。

  • 0438-63-3882
    0438-63-3882 お電話はこの番号をタップ
  • 営業時間 9:30~17:00

    定休日:水曜日

お知らせ・ブログ

スキップフロアのある家②

 

請西南4丁目 スキップフロアのある家 上棟しました!

とても良い天気に恵まれました。

いつもの大工さんたちの手際よい作業に安心です。

蔵波にある『スキップフロアのある家』とはまた違った『顔』『内容』になります!

構造が気になる方、ぜひお立ち寄りください。

協力業者の皆様、お疲れ様でした!

ブログ 2018.10.29

木更津市 K様 配筋見学

こんばんは

本日 木更津市 K様邸へ行ってきました。

お客様と基礎の配筋見学です。

少年野球の練習後、お疲れのところ

ありがとうございました。

お庭にピッチャーマウンドを計画中です!!

楽しみが広がります!!

来月中旬 上棟ですね。 もうすぐですよ!!

 

ブログ 2018.10.28

北海道断熱性能+全館空調システム

お施主様と建物確認をしてきました。

これから寒くなる季節ですね。

断熱性能のお話です。

冬は家の中であたためた空気の50%近くが窓から逃げてしまいますので

サッシはYKK オール樹脂サッシ+アルゴンガス入りにしました。

また

これからの住まいには、窓だけでなく玄関ドアの断熱性も重要になりますので

玄関ドアも YKK イノベスト しました。

私たちが住む町も 寒暖差が厳しくなってきました。

オール樹脂サッシ・高断熱性能玄関ドア・イノベストは決して

オーバースペックでは ない と思います。

ブログ 2018.10.28

ラクテク

お疲れ様です。

最終社内チェックを行いました。

パナソニック・有機ガラス系新素材 スゴピカ浴槽

お手入れラクテク

美しいツヤとなめらかさで

汚れにくく、キレイが長持ち。

フロアは ピカピカフロア

断熱性能は 北海道基準 アクアフォームNEO

基礎断熱

全館空調システムで快適な空間を追及しております。

ブログ 2018.10.22

年末に向けてのお手入れ方法:最終回

お手入れ方法はこちらです

★☆★☟★☆★

http://sumai.panasonic.jp/support/care/bath/

お知らせ 2018.10.22

《臨時休業のお知らせ》

※オープンハウス【ドリームシティー蔵波】は休まず開催しております。

★☆★お客様のご来場をお待ちしております★☆★

お知らせ 2018.10.20

お引渡しに向けて社内チェックしました。

本日 建物最終社内チェックをしました。

営業1名・仕様決め担当者1名・現場監督2名で行いました。

Panasonicキッチン ラクシーナ フラット対面キッチン

レンジフードは標準:全自動おそうじファン付 ほっとくりーんフード*ダイノック

トリプルワイドIH スゴピカ浴槽・水栓などなど お手入れ ラクテク

全館空調システムで快適な暮らし

サッシ オール樹脂サッシ・アルゴンガス仕様 玄関ドア イノベスト 高断熱仕様

アクアフォームNEO 熱伝導率0.021

外構工事も順調です、引き続き宜しくお願い致します。

これから寒くなる季節です。

ブログ 2018.10.16

年末に向けてのお手入れ方法:その③

お手入れ方法はこちらです

★☆★☟★☆★

洗面  http://sumai.panasonic.jp/support/care/dressing/

トイレ http://sumai.panasonic.jp/support/care/toilet/

お知らせ 2018.10.14

基礎工事

基礎スラブの強度確認についてのお話をさせてください。

スラブとは?基礎の底盤の事です。

地震の揺れに対して

基礎スラブ部分にかかる曲げの力やせん断力に耐えられる強度であるかを

確認します。高い強度が必要な個所には、太い鉄筋を使用したり本数を増やしたり

して十分な強度を確保をしなくてはなりません。

基礎スラブには・・・KN/mの力がかかるため構造計算による断面積の数値を割出しまして

鉄筋を配置します。建物の形状・偏心率による計算によって基礎鉄筋の配置が決まります。

耐震等級3の確認は 許容応力度計算が必要です。

パナソニックテクノストラクチャー 耐震等級3 地震保険50%引き 

 

ブログ 2018.10.12

基礎も構造計算しています

家を支える地盤、基礎の部分について検定の話をしたいと思います。

【 接地圧の検定 】

建物の重さに対して地面が十分に耐えられるかを確認します。

接地圧より地耐力が上回るように設計します。

接地面とは:基礎から地盤に伝達される力の大きさです。

計算ですと

接地圧13.3KN/㎡対して、有効地耐力が25.7KN/㎡であるため検定値0.52なるためOKとなります。

一棟一棟 構造計算【許容応力度計算】をし 確実に施工していきます。

Panasonicテクノストラクチャー=耐震等級3 地震保険約50%割引

テクノちゃん ブログもありますので是非のぞいてみてください。

 

次回は基礎スラブの強度確認についてお話をしたいと思います。

 

 

 

ブログ 2018.10.08

営業時間

過去の記事

  • 2020
  • 2019
  • 2018